明るい肌色の作り方!

こんにちは。
やち鍼灸院 久保和也(クボカズヤ)です。

皆さんは、顔色がさえない、メイクのノリがいつもより悪く不健康そうに見えるなどの悩みを抱えていませんか?
最近、上記のような悩みを相談されることが多くあります。
しみというほどはっきりしたものではなiが、なんとなく肌が暗く見える。これは『くすみ』と呼ばれるものです。
今回はこの『くすみ』についてお話できればと思うのですが、くすみは大きく分けると3つのパターンがあり、
一つ目は、血行不良により、顔全体が青黒くなるもの、
ニつ目は、乾燥により角質が毛羽立って影ができるもの
三つ目は、ターンオーバーの乱れから古い角質に含まれるメラニンが肌表面にでてくるもの
以上3つとなります。
美容鍼は肌細胞を1度微少に傷つけることで、血液循環を改善しお顔に必要な血液を集める事ができます。
また、その方の自然治癒力を活かし、肌細胞を活性化させることでターンオーバーのサイクルを正常に戻していくことができるので
くすみを改善していくのは鍼の得意分野となります。
人の第一印象は約3〜5秒で決まると言われており、中でも見た目はその方の5〜6割を占めると言われています。
新生活も始まり、人と会うことも多いかと思いますので、是非、この機会にケアされてみてはいかがでしょうか?

健康と美容のやち鍼灸院
〜鍼灸セラピストが世の中を元気にする〜
やち鍼灸院では独自の施術法である、
鍼灸経絡(Acupuncture)・内臓(Internal organs)・骨格(Frame)を整える
【A・I・Fメソッド】により,あなたの健康と美容をより引き出すサポートをさせていただきます。
やち鍼灸院
江東区亀戸6-28-7スカイライト102
03-5875-0815
info@yachi-sinkyuin.com

未病って何?

皆さん、こんにちは!

やち鍼灸院 久保です。

 

皆さんは、『健康寿命』という言葉を聞いたことはございますか?

これは、病気もせず心身共に元気な状態で日常生活を送れる期間のことです。

現在は、この健康寿命が男性が72.14歳、女性が74.79歳(2016年厚生労働省データ参照)

となっており、健康で長生きできる期間を延ばすことが大切だと考えられています。

 

私たちは、幼いころから病気になれば、かかりつけのお医者さんに薬をもらうなど

対処療法というものを誰でも経験してきたことかと思います。

西洋医学の進化によって私たちは長生きできる期間が延びましたが、

それと同時にご自身の身体の変化に向き合うことが少しづつ減ってきているのも事実です。

 

東洋医学では、『何となく体がだるい、肩こりがつらい、食欲がない』など、

西洋医学的には異常はないが、健康とも言えない状態を『未病』と言い、

この未病という状態を放っておいたり、ごまかしたりしていると大きな病につながることがあります。

 

やち鍼灸院では、この『未病』の状態を治療することの大切さを

患者様によくお話をさせていただいています。

もちろん美容も同じで鍼灸・内臓・骨格を整えることで

予防していくことが大切です。

 

身体はその人にとっての資本ですので、

ご自身の身体としっかりと向き合い、

定期的にメンテナンスをされてみてください。

 

 

 

やち鍼灸院

 

 

 

4月23日 何の日?

皆さん、こんにちは!

やち鍼灸院です。

 

本日、4月23日はユネスコにより指定された

『世界本の日』です。

 

皆さんは、本を読む習慣はございますか?

私は幼いころから、読書だけは苦手で

全く読んできませんでした。

(なので漢字が苦手です笑)

 

しかし、ある時に知り合いから

『本はその人の人生を1冊にまとめたものなんだよ〜』

と聞き、そこから少しづつですが、

自分の好きな本から読むことを始めました。

 

自然と本を読むことが習慣化され、

今では読書が好きになっています。

 

皆さんもこの機会に自分の好きなジャンルから、

読書を始めてみてはいかがでしょうか?

 

 

やち鍼灸院

 

 

 

 

 

毎日に続けられる運動を!

おはようございます☀️

やち鍼灸院です☘️


『年齢を重ねると筋肉量はだんだん減少していきます⤵️特に下半身の筋肉低下には要注意⚠️エレベーターを使わず階段を利用、犬を連れて20分散歩、テレビを見ながらスクワット20回、ひと駅手前で下車して20分歩くなど、日々の生活習慣に運動を取り入れてみましょう。』


本日も事故なく、元気に明るく過ごしましょう🎵




健康と美容のやち鍼灸院

〜鍼灸セラピストが世の中を元気にする〜


やち鍼灸院では
【A・I・Fメソッド】
A:鍼灸(Acupuncture)
I :内臓(Internal organs)
F:骨格(Frame)


独自の施術法により、
あなたの健康と美容をより引き出す
サポートをさせていただきます。


やち鍼灸院
江東区亀戸6-28-7スカイライト102
03-5875-0815
info@yachisinkyuin.com

眼の疲れ

こんにちは!

やち鍼灸院のブログを

お読みいただきありがとうございます。



皆様、ご存知でしたか〜?

現代人が得る1日の情報量は

江戸時代の1年分と言われています。

その中でも人間は8割の情報を

眼から得ているので、

ビタミンA. C(にんじん レモン)やDHA(青魚)など眼を守ってくれる成分を積極的に摂るように心がけましょう。


またデスクワークなどが多い方は

休憩時間に10分ほど眼を閉じるなど

休息をしてみてください。





健康と美容のやち鍼灸院

〜鍼灸セラピストが世の中を元気にする〜 


やち鍼灸院では
【A・I・Fメソッド】
A:鍼灸(Acupuncture)
I :内臓(Internal organs)
F:骨格(Frame)


独自の施術法により、
あなたの健康と美容をより引き出す
サポートをさせていただきます。



やち鍼灸院
江東区亀戸6-28-7スカイライト102
03-5875-0815
info@yachisinkyuin.com

イラスト画ができました!

 

 

皆様のお力になれるよう

やち鍼灸院スタッフ一同

しっかりとサポートさせていただきます。

今後ともよろしくお願いいたします。

 

 

やち鍼灸院

4月9日『鍼灸の日』

こんにちは!
鍼灸セラピスト 久保和也(クボカズヤ)です。
皆さん、本日は何の日かご存知ですか?
昨年、日本記念日協会に認定され4月9日は『鍼灸の日』でとなりました。
最近では、様々なところで鍼灸治療や美容鍼が取り上げられ、
皆さんに鍼灸を知っていただく機会が増えたことを大変嬉しく思っております。
ありがとうございます。
近年、鍼灸治療は世界中で注目を集めており、
今春には、WHO(世界保健機構)において、
国際的に統一した基準で定められた疾病分類である
『国際疾病分類(ICD)』に鍼灸・漢方が伝統医療として追加されます。

中国4000年の歴史ある鍼灸治療で、
皆さんのお力に少しでもなれるよう、
やち鍼灸院スタッフ一同サポートさせていただきますので、
何か不調などを感じたら気軽にご相談くださいね。

健康と美容のやち鍼灸院
〜鍼灸セラピストが世の中を元気にする〜
やち鍼灸院では
【A・I・Fメソッド】
A:鍼灸(Acupuncture)
I :内臓(Internal organs)
F:骨格(Frame)

独自の施術法により、
あなたの健康と美容をより引き出す
サポートをさせていただきます。
やち鍼灸院
江東区亀戸6-28-7スカイライト102
03-5875-0815
info@yachisinkyuin.com

新スタッフ 挨拶

 

〜鍼灸セラピストが世の中を元気にする〜

 

この度、やち鍼灸院の一員となりました久保和也と申します。

 

18歳の時に、【痛みで困っている人の役に立ちたい】という想いで鍼灸師の道に進みました。

大学時代から接骨鍼灸院でアルバイトをしながら臨床経験を積み、

卒業後は整形外科のリハビリ科にてたくさんの方の治療に携わらせていただきました。

その後、25歳で結婚し子供を授かったことをきっかけに女性の身体の変化に興味を持ち、

鍼灸の力で女性に対してサポートできることはないかと考え美容鍼灸の道に進みました。

 

やち鍼灸院では、独自の【A・I・Fメソッド】により、“骨格・内臓・経絡”を整え、

治療・美容の両面から皆様の身体作りをサポートをしております。

 

今までの経験を生かし、皆さまのお役に立てるように

精一杯頑張りますので、よろしくお願いいたします。

 

 

やち鍼灸院   久保 和也

 

                                                    

 

慢性腰痛の症例

40代のの主婦、日頃から頭痛が時々起こるようで、いつもはご自身で頭や

 

首周辺を指圧して、あとは薬で解消させていたそうですが、今回どうして

 

も治まらないので当院のHPをみて来院。問診をして腹部から施術を始め

 

るが、頭痛の不快感がどうにもならないので伏臥位で首肩背中をネパール

 

棒灸にて温圧灸、首肩に数本鍼を置鍼。本人子供のころに側弯症があり背

 

骨に沿って手術の痕があり、他でもそこを触られると気持ち悪いとのこと

 

頭痛においては鍼温灸にて緩和された、ただ慢性の頭痛の原因がこの側弯

 

手術痕による血流の冷えによるものもあるのではいかと、棒灸を傷跡に

 

かざして温めた、非常に気持ち良いという。古傷は温めるのが良いという

 

のはご本人も納得されていたようです。首肩も軽くなり、来院時の辛そう

 

なお顔がすっかり緊張が取れて、笑顔が見られました。今後も引き続きお

 

灸にて施術で慢性の辛さから解放され、トータル的にもお身体の健康の為

 

に良いことを伝えて、引き続き治療の継続を勧めました。考察は、東洋医

 

学的にオ血という概念で、手術傷による冷えからくる頭痛である。

 

お灸が非常に主訴に対して有効であった症例でした。

めまい首肩腰の症例

めまいでいらっしゃった60代の女性の治療例です

めまいと耳鳴りが主訴で、過去にめまいと吐気が強く入院歴もあり。

初回の治療では腹部の施術から首肩、特に首、後頭骨付近、鍼施術ですっきりされた様子、

2回目も同様の施術で、3回目以降はめまい感は解消されてるご様子、3回目からは腰の重だるさと痛みが若干

いつもの施術にネパール棒灸にて温める、腹部に腰に背中、マッサージして首の詰まりに対してストレッチと

軽い牽引で随分軽くなったご様子、気候の変化もあったり、味の濃いめのが少々続いたり、残暑時なので

そういった夏の垢が悪さをしている感じで、若干口が乾く感じがあるようです。

全身施術で軽くはなった感じで、普段の食生活を気を付けることを指導して4回目の施術を終える。

今後も継続して治療は間隔を見ての来院を勧めた。