未病って何?

皆さん、こんにちは!

やち鍼灸院 久保です。

 

皆さんは、『健康寿命』という言葉を聞いたことはございますか?

これは、病気もせず心身共に元気な状態で日常生活を送れる期間のことです。

現在は、この健康寿命が男性が72.14歳、女性が74.79歳(2016年厚生労働省データ参照)

となっており、健康で長生きできる期間を延ばすことが大切だと考えられています。

 

私たちは、幼いころから病気になれば、かかりつけのお医者さんに薬をもらうなど

対処療法というものを誰でも経験してきたことかと思います。

西洋医学の進化によって私たちは長生きできる期間が延びましたが、

それと同時にご自身の身体の変化に向き合うことが少しづつ減ってきているのも事実です。

 

東洋医学では、『何となく体がだるい、肩こりがつらい、食欲がない』など、

西洋医学的には異常はないが、健康とも言えない状態を『未病』と言い、

この未病という状態を放っておいたり、ごまかしたりしていると大きな病につながることがあります。

 

やち鍼灸院では、この『未病』の状態を治療することの大切さを

患者様によくお話をさせていただいています。

もちろん美容も同じで鍼灸・内臓・骨格を整えることで

予防していくことが大切です。

 

身体はその人にとっての資本ですので、

ご自身の身体としっかりと向き合い、

定期的にメンテナンスをされてみてください。

 

 

 

やち鍼灸院

 

 

 

コメント